楽だったアルバイトの体験談ブログ記事まとめ|おすすめバイト

【38歳男性:中古本屋のバイト】
正直申し上げて、私はそんじょそこらのフリーターの倍以上の職場を経験していると自負しております。

コンビニ店員から始まり、海の家のスタッフ、山小屋のスタッフ、スキー場の管理スタッフ、ガソリンスタンド、葬儀社関連、ペンキ塗り職人、クリスマスイルミネーション職人、電気工事士などなど。

冗談抜きで本当に多種多様な仕事をこなしています。

もうなんでも聞いてほしい本当になんでも答えられると思います。

ボジョレーヌーボ―のラベルはがしのバイトとか知ってます?

遺品整理のバイト知ってます?

ティッシュ配りを見張るバイト知ってます?

私、知ってるんです。

実際やってましたから♪もう聞きたいことはなんでも聞いて頂戴☆

「楽だったバイトが効きたい?」

はい、かしこまりました。

これね、ダントツで「書店」です☆

しかも「買取などもしている中古の本も取り扱う書店」。

本の出し入れとか、重たい本もったりと大変そうに見えますが楽です。

具体的に何をやるのかと言うと。

1・持ち込まれた本の買取。
2・本棚の整理。
3・本の掃除(洗剤で表紙をふいたりします)。
4・店内の清掃。
5・外の清掃。
6・レジ
7・出張買取
まあこんなもんですかね。

どれも本当に大したことない仕事内容です。

しかもね、7番の出張買取ってあるでしょ?

これね、普通免許持ってる人限定ですけど、ちょ~ラクチン!

ワゴン車乗って買い取って欲しいお宅にお邪魔して作業するのですが、結構量があるんですよ。

ゆっくりやってればあっと言う間に時間がたっちゃうんですよ。

たまにお茶とかオヤツ出してくれるお宅もあるんですよ。

本当にいい仕事ですよ。

本を見積もってお茶とオヤツ食ってりゃお金入るんですから☆

私が働いていた書店では、車の免許持っているの私だけだったんです(私が入るシフトの日)。

つまり出張買取の依頼が来れば必然的に私が行くことになるわけですよ。

あんまり近い家にはわざとゆっくりいったりしてね。

途中で缶コーヒー飲んじゃったりして。

それで店戻ったら「休憩はいりま~す」ってまた休憩。

本当にいい職場でございました☆

職場の方々は基本、本が好きな方が多いんです。

本が好きな人に悪い人はいないってのが私の持論なのですがね。

本当に悪い人は一人もいませんでした。

しかも結構かわいくておとなしい女の子が多いんですよ。

書店ってあまり嫌なイメージないじゃないですか?

そこが女の子を引き寄せるんでしょうね。

ほら、居酒屋はよっぱらいいるとか、ゲーセンはガキ共がうざいとか色々マイナスイメージありますよね。

だからおしとやかでおとないい女の子はそういう所で働きたがらないわけです。

そういった面でも働きやすかったですね☆

ただ一つ難点があります。

えっとですね・・・給料安いっす!!

私が働いた当初の時給はなんと「820円」でございました。

これは厳しい・・・楽なのはいいけど何もできない。

しかも結構メンバーが揃っているのでシフトにバンバン入ることができないんですね。

要するにあまり働けないわけです。

働けないのに時給は安い・・・これは厳しいところでした。

週5で朝から夕方まで入って「11万ぐらい」でしたね・・・

楽なのはいいけど給料が・・・といつも葛藤していた記憶がよみがえりました☆

世の中うまくできてるってことでしょうか。

これから「書店」で働こうと思っている方は「時給の高い書店」をみつけて欲しいと思います。

時給の高い書店は最高ですよ☆

楽して稼げるってことですからね!

そういった書店をリサーチするだけの価値はあります!
【30歳男性:ホームセンターのバイト】
高校2年の夏休みの時にちょっとした小遣い稼ぎがしたいと思って短期のバイトは無いかと調べていたら、自宅から少し離れたところにあるホームセンターで棚卸しの短期アルバイトが募集されていました。

調べた感じだとそこまで難しそうな感じではなく、勤務日数も2日程度だったのでちょっとした小遣い稼ぎにピッタリと思って申し込みました。

当日になってお店の裏口から入って休憩室で待っていたら、担当者の方がやってきて生活用品コーナーに連れて行かれました。

生活用品コーナーについたら担当者の方に指示されてそれぞれの担当場所に移動し、そこにある各商品を数えるという作業を任されました。

商品を数えたら事前に渡された付箋に数を記入してその商品の値札に貼るという作業を約1時間ほど続けていたら、各アルバイトが順番に指定場所に呼ばれ始めたので作業しながら自分が呼ばれるのを待ちました。

15分くらい待っていたら資材コーナーに呼ばれたのでそちらに向かって、受付の人に話したら担当の店員さんのところへと連れて行かれました。

バイト中は基本的に担当の店員さんと組んで作業をすることになっていたので、その後は店員さんと一緒に作業をすることになりました。

店員さんと一緒に商品を数えてそれを記入するのが主な内容で、具体的には店員さんが商品を数えて私がそれを復唱しながら用紙に記入するという感じでした。

商品棚ごとに用紙が存在していて商品を数えて全部記入したら、最後に私と店員さんがそれぞれ用紙にシャチハタを押して次の商品棚というのを繰り返しました。

その作業を2時間ほど続けたあとは別の組が記入した用紙が合っているかの確認作業を行うことになったので、店員さんが同じ商品を数えて私がそれが合っているか用紙を見ながら確認しました。

初日は商品数のチェックと別の組の作業確認がメインで、勤務時間は30分ほど長引いたので午後5時から9時半まででした。

翌日は午前8時からの勤務で仕事内容については前日と同じ感じで、店員さんと一緒に食品売り場の商品を数えて用紙に記入しました。

12時まで作業を続けたら1時間のお昼休憩があって、その後は別の組の確認作業をすることになりました。

そんな感じで前日と同様に商品数のチェックと確認作業を行って、午後4時頃にはそれらの作業が全て終わりました。

あとは最後に各用紙に商品棚の全商品数の合計を記入する作業があったので、しばらくはその作業をすることになりました。

具体的には電卓で用紙に記入された商品数を全部足して例えば合計が100個なら100と記入し、最後に計算済という欄にシャチハタを押すという作業でした。

それを1時間ほど続けた後は休憩室に移動して短い話を聞いた後に給料を受け取って解散といった感じで、2日目は朝8時~夕方5時まで休憩1時間を挟んで8時間ほど働きました。

基本的には自分を担当してくれる店員さん以外とは接する機会がほとんど無いので、全体的にどんな感じなのかは分からなかったのですが少なくとも私を担当してくれた店員さんは優しくて丁寧な人だったので安心できました。

また近くで作業をしている店員とアルバイトの会話を聞いていても優しい感じの人が多い印象だったので、職場の人達の人柄は全体的に良かったのでは無いかと感じています。

ただ一部には雑な感じの人もいたようでそれについて愚痴を言っている人を見かけたので、そういった人と組むことになっていたら大変だったかもしれません。

時給800円で1日目と2日目で合計12時間30分ほど働いたので、給料については1万円でした。

勤務時間はそれなりに長くて大変だったのですが、2日で1万円なのでちょっとした小遣い稼ぎには最適なバイトだと感じました。

これから棚卸しのアルバイトに挑戦しようと考えている方も多いと思いますが、棚卸しのアルバイトは簡単な作業内容なのでそういった意味では楽だと思います。

ただ長時間の立ち仕事で屈んだりすることも多く腰が痛くなったりするのでその点は注意が必要で、あとは単純作業なので人によっては集中力が途切れて大変かもしれません。

ただそれを踏まえても短期の棚卸しバイトは比較的簡単に稼げる仕事ではあるので、興味があればぜひ挑戦してみてください。

期間工で働いていた体験談ブログ記事まとめ|トヨタ期間工経験者は語る